納得のいく医療保険を選びたい人に必見の情報が満載!

医療保険の選び方入門

医療保険の選び方入門 TOP

国民健康保険や、職場から提供されている健康保険に加入し、病気や怪我をした時に対応しているという方は、おそらく多くいることでしょう。しかし、通院が長引いたり、病院にかかる機会が多い人は、たとえ健康保険に加入していても、回数が重なったり、病院にかかる期間が長くなることで、負担額も上がります。また、万が一思いがけない入院や手術が必要となってしまった場合には、一時的だとしても仕事ができなくなったり、入院や手術をするにあたり、費用がかかります。

そんな時のために、準備しておきたいのが「医療保険・入院保険」なのです。この「医療保険・入院保険」とは、健康な時から保険料を支払うことにより、突然の入院や手術があってもあわてずに費用を準備することができるといったものなのです。普段健康な時には、万が一の時の病気や事故が起きたときのことをなかなか考えることができないものですが、健康な時に万が一の準備をしておくことで、突然の入院や手術にも安心して対応することができるのです。

「医療保険・入院保険」には、さらに種類があります。医療保険・入院保険について詳しく知りたいという人のために、どのような種類やタイプがあるのか、などの選び方についてここでは詳しくお話していきます。


医療保険・入院保険の種類とタイプ

健康な時から保険料を支払うことにより、万が一の病気や怪我による手術費や入院費、治療費などをカバーすることができる「医療保険・入院保険」ですが、この保険にはいくつかの種類とタイプがあるのです。

まず多くあげられるのが定期タイプと終身タイプです。定期タイプは定められた一定期間保障されるもので、終身タイプは一生涯保障が続くものとなっていることから、年をとってからの保険には終身タイプが安心でしょう。

医療保険・終身保険にはこういったタイプがありますが、保険料を支払う期間は、この保障期間とはまた別に設定されていることが多くあり、保険料を支払う期間は「保険料払込期間」と呼ばれています。この保険料払込期間は、保障期間と同じだけ続く場合もあれば、保障期間よりも短い期間支払い、保障は払込期間よりも長く続くという場合もあります。
これらの期間の設定は、保険会社によって異なることから、保険を契約する際には、こういった期間がどのようになっているのか、前もって確認するようにしましょう。

こういった医療保険・入院保険は、万が一の病気の際に必要となる手術費や入院費、治療費などをカバーするものですが、さらに3大疾病や、がんなどの大きな病気をした時のためだけの保険というものも中にはあります。病気は、いつどのような病気にかかるものか予測ができないものですが、保険を準備するにあたり、どのような病気にかかった時の保険を準備したいのかといったことも頭に入れておくと、保険を選びやすくなるでしょう。


医療保険の必要性

万が一の時、いざという時のための生命保険や医療保険・入院保険ですが、若くて元気な人や、毎日元気で病気なんてほとんどしたことがないという人にとっては、どうしてこういった生命保険や医療保険・入院保険が必要なのか、なかなか理解できないという人もいるでしょう。しかし、毎日元気に過ごしていたり、健康に自身があるという人でも、病気や怪我はある日突然やってくるのです。

また、ちょっと風邪を引いたくらいであれば国民健康保険や職場で加入している健康保険で十分カバーすることができるでしょう。しかし、大きな怪我をして手術や入院が必要になったり、またがんや脳梗塞、脳卒中など、突然大きな病気にかかっていることが発覚したりする場合もあります。

そういった時には手術費や入院費だけでなく、病気が完治するまでは通院費や治療費なども必要となってきます。こういった費用は健康保険があったとしても膨大な額になることから、生命保険や医療保険・入院保険を準備しておくことで、経済的な心配をすることなく治療に専念することができるのです。また、このような怪我や病気により、仕事ができなくなってしまった場合でも、医療保険・入院保険があることで安心することができるのです。

医療保険の選び方をマスターし、具体的に検討しましょう。


トップページ